本はカビに弱い~雨漏りで起こるカビ~

カビによる本の劣化

本

本はカビに弱いです。カビは高温多湿を好んで繁殖します。高温多湿と言われる環境とは、温度が20℃~30℃あり、湿度が85%以上ある環境のことを言います。高温多湿が続くとたちまち繁殖してしいます。被害がひどくならないうちに業者に相談しましょう。

一緒に発生する菌

カビと一緒に発生する菌があり、その菌を「木材腐朽菌」という菌です。この菌は木材を腐らせる菌で、雨水が通った経路やキッチンなどの水回り、結露が出やすい場所などに発生しやすいです。こちらも被害がひどくならないうちに業者に相談しましょう。

本を守る救世主~修理業者は怖くない~

人見知りでも安心

雨漏り修理を業者に依頼したくても、知らない人を家に入れることに不安を感じる場合があります。しかし、修理業者の多くは親切で丁寧な作業で進めてくれる業者も多くいます。さらに、依頼主に安心感を与えるような仕事をしています。

旦那が不在中の訪問で不安だったのですが、親切に対応してくれましたよ。(30代/女性/国語教師)

ロフトの部分の雨漏りに気が付きましたが、旦那ともに忙しいこともありしばらく放置していました。しばらくするとだんだん水の落ち方がひどくなって来たので、慌てて雨漏り修理の業者に電話しました。不安でしたが、とても親切な対応で安心しました。

丁寧な説明と作業をしてくれたので凄く助かりました。(30代/男性/ゼミ講師)

自宅に雨漏りを見つけ、自分ではどうにもできないので修理業者を呼びました。一人暮らしで他の人が家に来ることが心配でしたが、電話での対応が良かったので心配することなくお願いできました。作業も早く丁寧に説明してくれてとても分かりやすかったので、依頼して良かったと思います。

第三者機関に紹介してもらう

雨漏り修理業者を自分で探すのに不安がある人は、良心的な業者を紹介してくれる「第三者機関」を利用してみましょう。第三者機関は、専門的な人達が対応してくれるため、疑問点などを相談しながら適切な雨漏り修理業者を紹介してもらうことができます。また、相談をするだけでも対応をしてくれる為、業者に電話して、しつこいセールスなどを避けたい場合にも第三者機関を利用することができます。

TOPボタン